カテゴリー「ゲーム 」の174件の記事

2017/11/12

Tikect to ride(チケット トゥ ライド)購入!

Img_0325

色々迷った挙句、基本中の基本のアメリカマップを購入。

iphoneのアプリでチケライが出ていたので、USA版、ヨーロッパ版、アジア版といろいろ試してみてしっくり来たのがやっぱりアメリカですよ。

ゲームバランス再調整版の1910も一緒に買うことはデフォルトです。(たぶん)

で、問題はどこから購入すると。

一番簡単なのは日本のamazonで購入することなんですけど、1910版はそもそも日本で売っていないので、ちょっとしたプレミアム価格。

基本セットが5347円1910が2980円なので、合計で8327円。

うーん。

うーん。

そうだ!

amazon USAをチェックしてみよう!

基本セットが35.52ドル、1910が16.56ドル。

送料込みでも65.16ドル。

ということなので、amazon USAからえっちらほっちら2週間ほどで到着しました。

Img_0335

基本セットのカードはミニユーロサイズだけど、1910のカードは使いやすい大きさになっているので、やっぱ買ってよかったなぁ。

実際のゲームでは基本セットのカードを1910のカードと入れ替えて使うので、この基本セットのカードのシュリンプは開ける事がなさそうな予感。(^^;

遊ぶ人募集中です。(^^;

| | コメント (0)

2017/10/22

チケット トゥ ライドを1つ買うならはどれを買えばいいのか?

先日、高松で遊ばさせていただいたチケット トゥ ライドがなかなか面白かったので、ひとつ買っておこうかなと思ったら、いろいろ種類が出ていてこれが迷いますよね。

まずは基本のアメリカ。

基本セットのこれ。ルールも一番シンプル。マップもアメリカでなんとなく場所もわかりやすい。ふむふむ。

トンネルやフェリーが増えたヨーロッパ。

ヨーロッパに舞台を移したチケライ。フェリーやトンネルなどのルールが追加されているとのこと。でも、都市の表記が現地表記なので読みづらいとか何とかかんとか。

舞台は世界へ!

舞台が一気に広がって世界旅行ですよ!夢が広がるし、舞台的には一番気になります。ルールも港設置などでボーナス点が入るなどより拡張されているようです。

日本語最新版はドイツ!

特別仕様のメルクリンをベースに簡略化したチケライとのことで、一番ゲームバランスがいいと評判です。でも、ドイツの地名わかんねーー!

悩ましい・・・・

もう、全部買うか!

| | コメント (0)

宝石の煌きの攻略記事

先日、友人と宝石の煌きを遊んだんですが、見事にボコボコに敗北。

くやしいので、この記事を読んで勉強します。(^^;

精神科医のボードゲーム日記より

『スプレンダー/宝石の煌き』の必勝戦術(1)(翻訳記事)

『スプレンダー/宝石の煌き』の必勝戦術(2)(翻訳記事)

そっかぁ、貴族狙いはダメ戦略なのかぁ・・・とほほ。(^^;

| | コメント (0)

2017/10/11

ハーフパイント・ヒーローズの自作スコアシート

P_20171011_225709

・写真は左から箱、取り説、自作シート(上)、オリジナルシート(下)

先日購入したハーフパイント・ヒーローズですが、同梱のスコアシートの枚数が少ない!

というわけで、エクセルで適当に作っちゃいました。(^^;

A4サイズに4枚印刷されます。チョキチョキ切れば、ほぼオリジナルのスコアシートの大きさとなります。

これで、気兼ねなくガシガシ遊べます!(^^;

↓excelファイルです。
「HPH-SC.xls」をダウンロード

| | コメント (0)

2017/10/06

Raのインスト勉強中

Item_32


クニィツア3大競りゲーのRa。

大好きなんです。

先日は余り物を集めていたらいつの間にか「ナイル川」で勝っちゃいました!

P_20171001_175118

良いゲームなんだけどなんかインストが苦手なゲームなんですよね。

プレイできたから説明できるだろうと思ったら、箱開けた瞬間にアタマ真っ白。(^^;

複雑なゲームじゃないけど、説明しなくちゃいけない要素が案外多いのと、説明する順番がまだ消化できていません。

というわけで、Youtubeでゲームの紹介を見ながら勉強中です。

良いゲームなので、多くの人に遊んでもらいたい古典なので、インスト精進します!

| | コメント (0)

ハーフパイント・ヒーローズの紹介

Mockup2_orig

先月末に発売された「ハーフパイント・ヒーローズ」の紹介です。

テキサス・ホールデムポーカーをトリックテイキングしよう!というちょっとマニアックなカードゲームです。

試聴しての感想はトリックテイキングの要素は薄いのかなぁ・・・って感じでポーカー要素が強いようです。

テキサス・ホールデムのように配られた手札と共通カードの組み合わせで、何回ポーカーの役で勝てるかを予想。

で、勝った回数で勝ち点がもらえて、予想通り勝てていれば加えてボーナス点がもらえるシステム。で、これを10ラウンド行って勝ち点の多い人が勝ちとなるわけ。

ただ、5ラウンド回連続で自分の勝利数の予想が当たれば、その時点でゲームが終了して、勝者となります。

無駄に勝たなくてもいいんです。予想が当たれば!

既にポチっていますので、到着したら遊びましょう!

| | コメント (0)

2017/10/04

秋の期待はクィーンドミノ

今年のドイツゲーム大賞を受賞した「キングドミノ」。うちの嫁さんも大好きな軽めのゲームなんですけど、その世界観を共通する「クィーン・ドミノ」がこの冬発売を控えています。

で、日本での発売元のテンデイズゲームズのタナカさんが、クィーンドミノに関してのコメントしていますが・・・・

おやおや、普通の続編とか拡張とはではないようですね。

先日、Youtubeで「クィーンドミノ」の紹介がありましたのでご紹介。

なかなか箱がでかいですね!

掻い摘んでポイントを拾うと・・・

「続編ではない」

「単独でも遊べる中量級のゲーム」

「キングドミノと組み合わせて遊べる。その場合は8人まで一緒に遊べる。」

「キングドミノの2人ゲームで7×7モードが遊べたが、これは4人でキングドミノの7×7が遊べる。」

なるほど。キングドミノの拡張としても遊べるし、ゲームファン向けにもっと複雑な遊び方も提供しますよ!というなかなか欲張りなゲームのようですね。

しかし、なんともかんとも箱がでかい!(^^;

| | コメント (0)

2017/09/24

黒と赤

P_20170924_194811

これで12名まで捲りチキンレースを楽しむ事ができます。(^^;

現行版のスカルはどうしても絵柄が気に入らないんで、旧版の黒箱と赤箱を探していたんですよ。

しあわせ。(^^;

あ、そこ!

トランプで出来るジャンとか言わない!

この無駄に豪華なパネルを捲る事が重要なんです。(たぶん)

| | コメント (0)

2017/09/06

現在のボードゲームの棚

P_20170906_165241

棚を占領してくるボードゲーム達を、稼働率の低いゲームを押入れに引っ込めてお気に入りだけを整理して並べてみた。

うーん、見ているだけでニヤニヤが止まりません。

はっ!

嫁の目が三角です。(^^;

| | コメント (0)

「ごいた」で遊ぼう

P_20170829_214157

先週大阪で覚えた「ごいた」ですが、シンプルのゲームの中に凝縮された駆け引きとチームメイトとの連携プレイが面白くて、なにか解説してるサイトないかなと放浪してたら見つけました!

その1.ルールの理解

まずは簡単なルール説明として「あそびのくら」より

石川県の伝統ゲーム・ごいたって知ってる? ~そのルールとゲームの流れ~
http://asobinokura.diary.to/archives/1013255568.html

その2.攻略法

ルールを覚えた?勝ちたい!と思ったら、「あそびばこ」の記事が参考になると思います。

ごいたの基本的な戦い方を知ろう!①
http://katasumatsuri.blog.fc2.com/blog-entry-2.html

ごいたの基本的な戦い方を知ろう!②
http://katasumatsuri.blog.fc2.com/blog-entry-5.html

ごいたの基本的な戦い方を知ろう!③
http://katasumatsuri.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

ごいたの基本的な戦い方を知ろう!④
http://katasumatsuri.blog.fc2.com/blog-entry-7.html

ルール、セオリー、約束ごとの話
http://katasumatsuri.blog.fc2.com/blog-entry-9.htm

その3.いろんな人と遊びたい!

大阪では「能登ごいた保存会☖大阪支部」の方々が、いろんなイベントスペースで活発に普及活動をされています。Twitterでチェック!

能登ごいた保存会☖大阪支部のTwitter
https://twitter.com/goitaosa

自分も仕事の出張ついでにふらっと寄ったボードゲームカフェで遊ばさせていただき、ボヤっとしか理解できていなかった「ごいた」がしっかり理解できました!

その4.遊びたいから手に入れたい!

カード版の「ごいた」

1

いま、一番手に入りやすいのはカード版の「ごいた」です。これはamazonでも買えます。

普通の小箱系のカードゲームと同じ大きさなので、持ち運びに便利です。

竹製の「ごいた」の駒

Nekomadoshop_v029_1

でも、もともと「ごいた」は竹製のコマで遊ばれていました。あの「パシィッ!」という打音に魅せられる人も多いでしょうけど・・・これが手に入らないんだな!(^^;
おまけに中々のお値段がします。(1万円オーバー)

「ねこまどshop」で取り扱っていたようですけど、現在は品切れ中。
https://store.shopping.yahoo.co.jp/nekomadoshop/v029.html

・三角ごいた

Img_3665

竹製じゃないけど、木製で比較的お手軽価格のものとして、春のゲームマーケットで販売された「三角ごいた」があります。ちょっと、いまは入手困難ですけど、継続して生産販売されるものと思います。同人ゲームの通販サイトをチェックチェック!

・・・まぁ、すぐに手に入るのはカード版だけのようですね。(^^;

カード版でもやることは同じなので、楽しさは同じ!機会があったら遊んでみましょう!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧