« 10/24 広島3-9横浜 遠かった日本シリーズ | トップページ | Tikect to ride(チケット トゥ ライド)購入! »

2017/10/25

来年は11月まで野球を楽しみたい!

セリーグで唯一勝ち越せなかった相手の横浜。

悲劇の3試合連続サヨナラ負けを食らった相手の横浜。

梶谷、ロペス、筒香、宮崎の威圧感に加えて、その脇を固める選手層が厚く、火がついたら止まらない破壊力の打線。

そんな横浜を相手に、足のある誠也と安部を怪我で失った状態でCSに望んだ広島。

手持ちの戦力では、4番以降は大砲を並べることしか選択肢がなくなり、「仕掛けてくるならここでしょ。」と横浜にバレバレだった緒方采配。

唯一の望みとしては投手陣の踏ん張りでしたが、野村、薮田、大瀬良、九里・・・次々打たれて万事休す。2アウトからの失点が多かったのも痛かった。3者凡退でいきおいに乗りたくても乗れないどころか、逆に追い詰められる負のスパイラル。

逆にラミレスの采配と横浜の堅守には脱帽。昨年前まではミスを多発する野球で「ベイスボール」と揶揄されていたのが嘘のような戦いぶりでした。昨日の菊池のディレイスチールは今までの横浜ならバタバタと失点していた場面。

それを、慌てずにしっかりホームで刺して同点を阻止。ベイスターズがベースボールをしていました。

「ホームでの圧倒的な勝率」「1勝のアドバンテージ」「コールドで拾った勝ち」なんて、あっさりひっくり返るモンなんですね。

カープがこの舞台に来年帰ってこれるかどうかは判りませんが、この悔しさは十二分に心に刻み込んだはず。

来年こそは!11月までファンを良い思いをさせてください!

=========

下記の記事は結果論といえば結果論だけど、多くの人が思った場面を解説しているのでお読みください。

広島・緒方監督が信じた「流れ」、DeNA・ラミレス監督が信じた統計──2017年・セCSファイナル

|

« 10/24 広島3-9横浜 遠かった日本シリーズ | トップページ | Tikect to ride(チケット トゥ ライド)購入! »

カープ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10/24 広島3-9横浜 遠かった日本シリーズ | トップページ | Tikect to ride(チケット トゥ ライド)購入! »