« モノポリーな夜 | トップページ | 宮島の神主がおみくじ引いて申すには »

2007/10/18

中学生のときにプレイしたモノポリー

自分が中学生のころ、狂ったように友人と3人モノポリーをプレイしていました。学校が終わったら友人宅で8時過ぎまでモノポリー。

3人だと酷いさいころ運でもない限りそれなりに土地カードが分配されますので、運よりも交渉でゲームが決まる熱い展開になりやすいです。

ただ、中学生ですので・・・・

交渉が熱い。

言い争いになりやすい。

ケンカ

ということがなかったわけではないわけで(^^;

というわけで、色々ローカルルールを設けて遊んでいました。

・交渉の宣言、家の購入は自分のターンでさいころを振る前のみ。
・他人の交渉には口出ししない。

この方法だと、モノポリーでありがちな交渉に熱中しすぎて「次は誰の番だったっけ?」がほとんどなくなり、ストレスなく遊ぶことができます。

他には、スタートにちょうど止まったら通常の$200に追加で$200もらえて合計$400もらえるとか、Free Parkに止まっているときは自分の土地に誰か止まってもレンタル料はもらえないとか、ローカルルールを採用していたなぁ・・・

まぁ、かなりギャンブル要素が高くなる遊び方になりますので、競技には全然向かないルールですけど、たまにはこんなルールもいかが?

|

« モノポリーな夜 | トップページ | 宮島の神主がおみくじ引いて申すには »

ゲーム 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33916/16799351

この記事へのトラックバック一覧です: 中学生のときにプレイしたモノポリー:

« モノポリーな夜 | トップページ | 宮島の神主がおみくじ引いて申すには »