2018/07/15

Drop it 日本語ルール

米尼で購入したDrop itですが日本語ルールがネットで見つからなかったので、カッときて自分で作成しました。間違えていても責任を取りません!(^^;

Photo

| | コメント (0)

2018/06/20

牌の視認性が高くなれば覇王龍城はプレイしやすい・・・説 (^^;

思い立ったら吉日。友人を誘って「麻雀牌で覇王龍」をプレイ。
牌を積むのが面倒なことはオリジナルと変わりませんな。(^^;Img_3314
まずはオリジナルっぽく組んでみて・・・・
Img_3315
牌を拾って配置と。
屋根はミープルで代用してみました。(^^;
Img_3316
友人にさっさと終了トリガーを引かれて終了。
予想通り、牌の視認性は圧倒的に麻雀牌。ストレスが少なくなる分、取る順番で他のプレイヤーとの駆け引きに専念できます。(^^;
 
というわけで、「牌の視認性が高くなれば覇王龍城はプレイしやすい・・・」という検証はお終い。(^^;

| | コメント (0)

覇王龍城を麻雀牌でプレイするなら?

牌の視認性がイマイチだったので、早々に手放した「覇王龍城」。

特に黄色の牌が薄くて見えないとか、青、黒、桃の牌がもはや間違い探しレベル。

視認性が悪くてストレス溜まりまくり。

でも、ゲームシステムとかはそんなに悪くないよねぇと悶々としていました。
ひょっとして麻雀牌でプレイしてみれば、ストレスなく遊べるんじゃないか?と妄想。で、色々考えてみました。

覇王龍城と麻雀牌では牌の枚数が違います。

覇王龍城は・・・
通常牌(赤、黄、緑)6種、4枚づつで72枚。
特殊牌が(青、黒)4種、4枚づつで32枚。
貴重牌が(桃)3種、4枚づつで12枚。
牌の合計数は116枚。

麻雀牌は・・・
通常牌(萬子、筒子、索子)9種、4枚づつで108枚。
風牌(東南西北)4種、4枚づつで16枚。
三元牌(白發中)3種、4枚つづで12枚。
牌の合計数は136枚。

麻雀牌が枚数が多いし、オリジナルの覇王龍城では、ひっくり返した時の役は3種類。

これを妄想で次のように調整。

麻雀牌は全て使う。

ゲームのセットアップは覇王龍城に準拠。枚数が多いので、その余った牌は最下層を拡張して配置。

各プレイヤーのプレイヤーマットは覇王龍城に準拠。

牌の取り方は覇王龍城に準拠。

萬子、筒子、索子を建築素材として裏返す時に屋根は1つ建てる事ができるが、老頭牌(1と9)でトリガーして建築資材として裏返す時は、屋根を2枚建てることができる。

風牌を建築資材として裏返す時は屋根を2枚+勝ち点1点を得る。

三元牌を建築資材として裏返す時は屋根を2枚+勝ち点2点を得る。

拡張カードのルールは不採用。



と、ここまでは妄想でできたので、実際にプレイをしてみよう!(問題は対戦者かぁ・・・・)

| | コメント (0)

2018/04/26

#自分だけのアーケードゲームベスト20

#自分だけのアーケードゲームベスト20

Twitterでいいハッシュタグがあったので、自分もちょっとさらしてみます。(^^;
なるだけ、時系列順に並べてみます。
スペースインバーター ルナーレスキュー ディフェンダー スクランブル クレイジークライマー ジャングラー ニューラリーX ジッピーレース ポールポジションII TX-1 ゼビウス リブルラブル ギャプラス グラディウスII ファンタジーゾーン R-TYPE アウトラン アフターバーナーII 究極タイガー 斑鳩

シューティングゲーム率が高いなぁ。下手糞だけど。

あと、何気に「II」が多い。とはいえ、PART2ものは「グラII」だけで、他の「II」は続編というよりも改良版って感じですね。

一番お金を突っ込んだのは間違いなく「ポールポジションII」。あれは燃えたなぁ。(^^;

| | コメント (0)

2018/04/24

The Mind(ザ マインド)日本語ルール

協力ゲームのThe Mindの日本語ルールを作ってみました。

これはBoard Game Geekに掲載されていた英語版ルールを元に、分が説明しやすいように再構築をしたものです。もちろん、公式なものでもありません。
誤訳、脱字、だまされた!がっでーむ!と言われても責任をもてませんが、ご興味ある方はどうぞお使いください。(^^;

| | コメント (0)

Voodoo prince(ブードゥープリンス)日本語ルール

ライナー・クニツィアがトリックティキング!?と話題になったブードゥープリンスの日本語ルールを作ってみました。
製品版に入っている英語版を元に、自分が説明しやすいように再構築をしたものです。もちろん、公式なものでもありません。
製品版についているものに比べて、トリックの処理の例題を多く挙げていますので、ゲーム中起こることのほとんどを網羅してると・・・思いたいです。(^^;
誤訳、脱字、だまされた!がっでーむ!と言われても責任をもてませんが、ご興味ある方はどうぞお使いください。

Voodoo_prince.pdf」をダウンロード

| | コメント (0)

2018/02/14

Img_2057

ライナー・クニツィア作のトリックテイキングゲームのVooDoo Prince。昨年発売のゲームですけど、まだ日本語版でも出そうにないし、思い切ってドイツのamazonで買っちゃいました!
ドイツからの送料はざっくり20ユーロくらい。1個でも10個でもそれほど変わりません。で、友人の分も含めて5個発注。1個当たり1600円強のお値段。悪くありませんね。(^^;

| | コメント (0)

2018/01/20

今年は正月からポチリまくり。

反省を込めて、今月に買った(注文した)ボドゲをさらします。

さすがに買いすぎた。(^^;

2日 AZUL

Azu

ヤフオクで8000円で即決ポチリ。買ってよかった。後悔はしない!

4日 AZUL拡張タイル(Joker)

Azuljokertiles

そんな拡張があるんだったら、先に抑えてしまうぜ!と友人の分を含めてメーカーから直接発注。これも後悔しないぜ!

3日 サクラダ

Pic3533131_lg

見た目でポチリ。AZULと並ぶ見栄えゲー。ポチった後に、見た目と反してゲーム内容は地味・・・という評判を聞いて、ちょっと不安なの。(20日時点でまだ来ていません)

10日 Wulog拡張セット Chow's11

Pic3772116

ダイスゲームの佳作のWulongの拡張セット。メーカー直販サイトで10ドルじゃん!送料込みで22ドルはギリ許容範囲!と思ってポチリ。

後日、ドルじゃなくてユーロだった事に気がついて激しく後悔。orz

10日 コードネーム・デュエット

Box_codename_duet_box_left_jp

二人で遊べるコードネームということで購入。すでに英語版の通常版を持っているので、今回は日本語版を購入。これで、2人でも多人数でも日本語、英語どちらでも遊べる環境ができあがり。

先日届いて、嫁と英語のカードで遊んだんですけど、なかなかの難易度でウハウハです。おもしろい!

13日 ギリギリカレー

Image1

前々から興味のあったネタゲー。まだプレイしていません。(^^;

15日 ケルト

Keltis_2

年明けに友人に遊ばさせてもらったケルト。ちょっと癖のあるのゲームですが、クニッツァ先生の名作と聞いているけど、ちょっとお高いお値段設定に手が出なかったのですが、ヤフオクで安価に落とせそうな案件発見!

見事2300円で落札して喜んだのもつかの間、送料が予想の2倍以上の設定だったのでしょんぼり落札になってしまいました。はぅぅ。

しばらくポチるのは自重します。(^^;

| | コメント (0)

AZUL、転売ヤーのえじき

Photo_2

見事に転売ヤーの餌食になっちゃいました。(^^;

| | コメント (0)

2018/01/18

AZUL日本語版発売決定!

AZUL日本語版がホビージャパンより発表されました!昨年シュピールで発表されて人気のゲームでしたので、日本語版が出るだろうと思っていましたが、予想通りでましたね!

・・・6048円ですか。

アメリカ本国の定価が40ドルほどでしたので、日本語版もそのくらいのお値段かなぁと思っていたのですが、予想よりも1000円高かった!(^^;

でも、僕の中では宝石の煌き並みのポテンシャルがあるやりこみゲーだと思いますので、万人にお勧めですよ!

↓商品リンク
http://amzn.to/2DdOlWT

| | コメント (0)

«AZUL拡張ルール「ジョーカータイル」ルール